イギリスビール/イングリッシュスタイル・ペールエール(上面発酵)

Bass Pale ale

バス ペールエール

バス ペールエール

日本に最初に輸入された英国王室御用達のエール

バス社の創業は1777年。ウィリアム・バスによってバートン・オン・トレントという街に生まれた。バートン・オン・トレントの水質は、カルシウムやマクネシウムなどのミネラル分を多く含む硬水で、それがペールエール独特の琥珀色を造り出している。他の地域でペールエールを造る際には、軟水をわざわざ硬水に変えるほどのこだわりで、その工程を「バートナーズ(バートン化)」という。

『バス ペールエール』のラベルといえば、印象的なレッド・トライアングル。この三角マークは、1875年にイギリスの商標第一号として登録されており、英国王室御用達のビールとしてもその名を知られている。 シンプルで目立つマークはマネやピカソの絵の中にも描かれている。あのタイタニック号にも500ケース積まれていたとされ、ナポレオン愛飲のビールともいわれている。

明治時代には、日本に駐留していた外国人のために明治維新とともに輸入されていたという記録が残っている。 その当時から世界的に人気のあったビールで、今でも最も有名なビールのひとつとなっている。『バス ペールエール』は、日本人にとってまさに、”初めてのビール”だったわけである。

『バス ペールエール』は、苦味がしっかりとしている反面、それ程強くはないがフルーティな香りも感じられ、モルトの味わいが三位一体、バランスよくまとまっている。ダージリン・ティのような香りがするイギリス産ホップのキャラクター、すっきりとした味わいが特徴となっている。

▶バス社の三角マーク

マネやピカソなどの著名な芸術家の絵画にも描かれている、世界一有名な三角マーク、”レッド・トライアングル”。

data

製造元:バス社

スタイル:イングリッシュスタイル・ペールエール(上面発酵)

原料:麦芽、ホップ、糖類

アルコール度数:5.1%

内容量:355ml

 

ビール通販/楽天

2018年末をもって、輸入中止により販売終了となりました。

 

ビール通販/Amazon
2018年末をもって、輸入中止により販売終了となりました。

 

※指定以外の商品も表示されます、御注意下さい。