チェコビール/ボヘミアン・ピルスナー(下面発酵)

Pilsner Urquell

SABミラー ピルスナー・ウルケル

SABミラー ピルスナー・ウルケル

ドイツに先駆け黄金色を造ったチェコのピルスナー

世界で最も売れているピルスナースタイルのビールは、1842年に誕生したこのビールから始まった。「ウルケル」とは元祖という意味。低温で乾燥させた色のうすいモルトと、ビルゼンの軟水とボヘミア産のノーブルなホップがピルスナースタイルを造りあげた。

もっともこのビールの製法は、ドイツ人醸造家ヨーゼフ・グロル氏の手によって造られたもので、一説には、ドイツから酵母が盗まれたのではという話もある。しかし、上品なホップの苦味と輝く黄金色を持つ、これまでにない新しいタイプのビールは人々に衝撃を与えた。

折りしも産業革命の時代、ガラス製のグラスの普及にともなって、世界的に人気が高まり、爆発的な人気を得ることとなった。現在はSABミラーが、『ピルナー・ウルケル』のブランドを所有している。

デコクションという古典的な糖化方法を3回繰り返すことにより、伝統の味わいを今も守り続けている。日本のピルスナーも、元をたどればこのビールに行きつく。

水の違いでピルスナー

当初はミュンヘンのラガービールの生産技術を導入しようとした。ところが出来上がったのは濃く重いミュンヘンビールと違った、きれいな白い泡と琥珀色に輝くビールだった。ビルゼンは極めつきの軟水であり、ミュンヘンは硬水。またホップの違いもあってピルスナーは誕生した。

 

data

製造元:SABミラー

スタイル:ボヘミアン・ピルスナー(下面発酵)

原料:麦芽、ホップ、酵母

アルコール度数:4.4%

内容量:330ml

 

ビール通販/楽天

 

ビール通販/Amazon

 

※指定以外の商品も表示されます、御注意下さい。