ドライ・ジン/日本

Wilkinson Gin

ウヰルキンソン・ジン47.5°

ウヰルキンソン・ジン47.5°

日本生まれの軽やかなドライ・ジン

「ウヰルキンソン」は1825年創業のスコットランドで最も古くからライセンスを持つ蒸留所の一つ、ベン・ネヴィス蒸留所のブランドで、日本では、炭酸水、炭酸飲料、低アルコール飲料、そしてジン、ウォッカのブランドである。1989年に、現在のブランド名である「ウィルキンソン」に改められるまで「ウヰルキンソン」と表記していたが、ニッカウヰスキーが製造する「ジン」と「ウォッカ」は旧ブランド名である「ウヰルキンソン」を現在も使用している。発売は(株)アサヒビールである。

1889年(明治22年)頃、日本に定住していたイギリス人のジョン・クリフォード・“ウィルキンソン”が、兵庫県で天然の炭酸鉱泉を発見する。ウィルキンソンがこの鉱泉水をロンドンに送り分析したところ、医療用・飲用に非常に優れたものであるとの結果を得られたため、外国人向けの良質な飲用水として、この鉱泉水を瓶詰め販売したのが始まりだった。当初のブランドは「仁王印ウォーター」といった。

『ウヰルキンソン・ジン47.5°』は、ニッカウヰスキーが純度の高いスピリッツにオリジナルレシピで漬け込み、ジン蒸留器で再留するというイギリスの伝統製法を守り、日本でライセンス生産しているドライ・ジン。1995年から発売されている国産スピリッツだが、2018年に中味とパッケージをリニューアルしている。

10種類以上使用しているボタニカル(草根木皮の香味成分)の配合比率を見直し、 シトラスのニュアンスを際立たせ、 ジュニパーベリーの香味をアップさせた。軽やかですっきりとした味わいはそのままに、 爽やかな甘さとビター感のあるジンらしい味わいを実現。そのまま飲んでも美味しく、いろいろな割材との相性も楽しめる。

 

data

生産者: ニッカウヰスキー(株)

URLhttps://www.asahibeer.co.jp/enjoy/liquorworld/ (アサヒビール(株)HP)

原料:中性スピリッツ、香草類

アルコール度数:47.5%

容量:720ml

 

 

 

 

  • その他のラインナップ

ウヰルキンソン ウオッカ40

ウィルキンソンは、日本の炭酸水、炭酸飲料、低アルコール飲料、そしてジン、ウオッカのブランドである。1889年(明治22年)頃、日本に定住していたイギリス人のジョン・ク……