ダーク・ラム/ジャマイカ

Appleton Estate 12years

アプルトン エステート12年

アプルトン エステート12年

自社農園のサトウキビから生まれるダーク・ラムの逸品

ジャマイカのラム酒文化を支えてきた、J.レイ&ネフュー社(1825年創業)の代表ブランド。“アプルトン エステート社”は、1749年に創業したジャマイカで最も歴史のあるラムメーカー。ジャマイカ南海岸に、英国出身のジョン・アプルトンが農園を開拓したのが始まりである。

「アプルトン」ブランドのラムは、ジャマイカ中央部ナッソー・ヴァレーの自社畑で収穫した良質のサトウキビと、蒸溜所内に湧き出る純度の高い天然の軟水を仕込み水に使い、エステート社独自の銅製の小規模なオリジナル・ポットスチル(単式蒸溜器)とコラムスチル(蒸溜塔)で丁寧に少量ずつじっくり蒸留される。

この蒸留法は旧式で時間を要するが、アプルトンならではの洗練されたフレーバーとアロマをもつ、なめらかな後味のラムとなる。発酵に使用する酵母も、エステート内で古くから繁殖している自然培養酵母を使用している。サトウキビの栽培から瓶詰めまで自社で行う、数少ないラムメーカーの一つである。伝統の製法でつくられるアプルトン・エステート社のラムは、香りや豊かでまろやかな味わいが特長。

『アプルトン エステート12年』は、オーク樽で最低12年以上熟成させた原酒をブレンドしたダーク・ラムの逸品。年代物のコニャクやモルト・スコッチにも匹敵と評され、深く奥行のある味わいは、ストレートやロックで飲むのにふさわしい。

 

data

生産者:アプルトン エステート社

URLhttps://www.asahibeer.co.jp/products/spirits_liqueur/rum/appleton/ (アサヒビール公式HP)

アルコール度数:43%

容量:750ml