芋焼酎/鹿児島県・濱田酒造

きこうじじこみ でん

黄麹仕込み 伝

芋焼酎 黄麹仕込み 伝

古くて新しい黄麹仕込みのまろやか芋焼酎

1868(明治元)年に、初代・濵田伝兵衛氏が市来町湊町で家業として焼酎蔵を創業、1951(昭和26)年には法人に改組。2014(平成26)年時点における売上高は136億円で、焼酎メーカー全体で6位に位置する大手蔵。

伝兵衛蔵、傳藏院蔵、薩摩金山蔵の3つの焼酎蔵を有するが、『黄麹仕込み 伝』はその中の伝兵衛蔵で仕込まれる。創業の地に建てられたこの蔵では、黄麹を使った甕仕込み、木桶蒸留、甕貯蔵といった創業当時の焼酎造りが行われており、見学施設も設けられいちき串木野市の重要な観光スポットともなっている。傳藏院蔵では、最新鋭の設備による高品質の焼酎を量産、そして『薩摩金山蔵』では、濱田酒造が誕生する以前、江戸時代の焼酎造りを再現している。

黄麹は、古来より日本に存在する麹菌で、主に日本酒造りや味噌や醤油、味醂造りなどにも使われています。以前は、焼酎造りにも使われいましたが、雑菌が繁殖しやすいという欠点があり、特に暑い時期に仕込みが始まる芋焼酎にとって難問だったのです。明治から大正にかけ防腐効果の高い黒麹菌が導入されると、瞬く間に主流となりました。その後、黒麹菌の変異種である白麹も焼酎造りに用いられるようになると、黄麹菌はすっかり忘れ去られた存在となってしまったのです。

黒麹菌を使った焼酎はしっかりした味わいになるといわれ、白麹菌は黒麹菌に比べ穏やかな香味の焼酎となり、黄麹菌は甘味を帯びたまろやかでフルーティな香味の焼酎になるといわれています。伝兵衛蔵ではこの黄麹菌を使い、創業当時の焼酎の味わいを昔ながらの技法で再現しました。

『黄麹仕込み 伝』は、鹿児島県産の黄金千貫を使用し、甕仕込み・木桶蒸留・甕貯蔵の伝統製法にこだわった本格芋焼酎。黄麹ならでは繊細で柔らかな飲み口で、洗練された潤いのある後口が特徴。単なる原点回帰ではなく、現代人にとって新しい味わいに多くのファンがいる。

 

data

製造元:焼酎蔵薩洲濱田屋伝兵衛(濱田酒造)

住所:鹿児島県いちき串木野市湊町4-1

TEL:0996-21-5260(お客様相談室)

URLhttp://www.hamadasyuzou.co.jp/(直接購入可、見学施設あり)

創業年:1868(明治元)年

原料:黄金千貫、米麹(黄)

蒸留方式:常圧

アルコール度数:25%

容量:720㎖、1800㎖

 

 

 

 

  • その他のラインナップ

隠し蔵〔麦焼酎〕

1868(明治元)年に、初代・濵田伝兵衛氏が市来町湊町で家業として焼酎蔵を創業。1951(昭和26)年には法人に改組、2018年7月に創業150周年を迎えた。焼酎製造の他にも……

千年寝坊助/画像小

白の匠〔米焼酎〕

濱田酒造は、いちき串木野市内に、伝兵衛蔵、傳藏院蔵、薩摩金山蔵の3蔵を構え、本格焼酎・リキュール類の製造・販売を行っている。2018年7月には創業150周年を迎えた老舗の……