芋焼酎/鹿児島県・薩摩酒造

さつましらなみ

さつま白波

芋焼酎 さつま白波

お湯割りで芋焼酎を全国区に仕立てた人気ブランド

1936(昭和11)年に、薩摩合同酒精株式会社として薩摩半島の南端に位置する、鹿児島県・枕崎市にて創業。当初は、「薩摩乙女」という銘柄を主力に生産していたが、1949(昭和24)年に、現社名である薩摩酒造に改称した。

枕崎市は、南部に東シナ海を臨み、全国有数のカツオの水揚げを誇る枕崎漁港を持つ。南薩摩地方はさつまいもの名産地。工場はすべてさつまいも畑に囲まれており収穫後、すぐに仕込みに入ることができ、シラス台地により良質な地下水が湧き出すという、芋焼酎造りにはこの上ない環境を有している。

『さつま白波』の名が全国的に知られるようになったのは、1970年代後半から始まったCMから。「6×4(ロクヨン)のお湯割り」「酔い醒めさわやか」といったキャッチコピーが全国CMによって放送されると、それまで地元だけの飲み方だった”お湯割り”が、全国に知られるようになり、1980年代に始まった“焼酎ブーム”の起爆剤ともなった。

代表銘柄『さつま白波』は、薩摩富士・開聞岳の麓で収穫された上質な黄金千貫を使用し、黒瀬杜氏が仕込んだ本格薩摩焼酎。バランスのとれたしっかりした甘さと、芋らしい香りが楽しめる。お勧めはお湯割りだが、ロックやストレートもいい。

 

data

製造元:薩摩酒造株式会社

住所:鹿児島県枕崎市立神本町26

TEL:0993-72-1231

URLhttp://www.satsuma.co.jp/ (直接注文可)

創業年:1936(昭和11)年

原料:芋(黄金千貫)、米麹(白麹)

蒸留方式:常圧

アルコール度数:25%

容量:900ml、1800ml

 

 

 

 

  • その他のラインナップ

神の河(かんのこ)〔麦焼酎〕

1936(昭和11)年、薩摩合同酒精株式会社として薩摩半島の南端に位置する、鹿児島県・枕崎市にて創業。薩摩酒造の名を全国に知らしめたのは、代表銘柄である芋焼酎「さつま……

千年寝坊助/画像小

白鯨〔米焼酎〕

1936(昭和11)年に、薩摩合同酒精株式会社として薩摩半島の南端に位置する鹿児島県・枕崎市にて創業。南薩摩は古くから、海外文化が渡来した地として知られ、芋焼酎の原料と……