麦焼酎/東京都・樫立酒造

しまのはな

島の華 25度

麦焼酎 島の華 25度

スコッチに使う銅製ポットスチルで造る独創的な麦焼酎

伊豆諸島には12軒の焼酎の蔵元が存在し、樫立酒造はその伊豆諸島における焼酎造りの発祥の地、八丈島の三原山山腹に建つ蔵元。

八丈島に焼酎造りが伝えられたのは、幕末の1853(嘉永6)年、藩命による密貿易の罪を背負って流された薩摩藩御用の廻船問屋、舟宗庄右衛門による芋焼酎がその始まり。その後、試行錯誤を繰り返し「島の華」は完成されてゆきます。ここから伊豆七島に広がった焼酎を、島の人々は愛情を込めて島酒と呼びます。

『島の華 25度』は島の人々に限らず、島を訪れる観光客やダイバーからの人気も高い。平成9年5月から最新の設備を導入し、スコッチウイスキーに使う特注の銅製ポットスチルを設置、独創的なアイディアを駆使して、より旨い本格焼酎の製造を目指している。

 

data

製造元:樫立酒造株式会社

住所:東京都八丈島八丈町樫立2051

TEL:04996-7-0301

URLhttp://park18.wakwak.com/~ssasa/shima/ (直接注文可)

創業年:1925(大正14)年

原料:大麦、麦麹(白)

蒸留方式:常圧

アルコール度数

容量:700ml、1800ml