麦焼酎/長崎県・山乃守酒造場

やまのもり うめ

山乃守 梅

麦焼酎 山乃守 梅

壱岐最古の蔵が甕仕込みで醸す伝統的な麦焼酎

初代・山内守政によって1899(明治32)年に創業された、岳の辻の山麓にある壱岐で最も古い酒蔵。近隣には山内姓が多かったために、「山守(やまもり)」という通称がそのまま銘柄名になった。厳選された大麦2/3と米麹1/3を使用し、壱岐の地下水と酵母によって醸される。

伝統的な「甕仕込み」で、一窯ごとに常圧蒸留を行い、香味の優れたところだけを甕で貯蔵熟成させる。そのことにより、麦の香りと米麹の天然の甘さを引き出している。「地理的表示の産地指定」を受けた壱岐独特の製法。

『山乃守 梅』は、蔵の代表酒で、まろやかでどんな飲み方にも合うが、水割り、お湯割りにすると味わいが引き立つ。

 

data

製造元:(有)山乃守酒造場

住所:長崎県壱岐市郷ノ浦町志原西触85

TEL:0920-47-0301(蔵見学可)

URLhttp://www.mugishochu-iki.com/yamanomori/ (直接注文不可)

創業年:1899(明治32)年

原料:大麦、米麹(白)

蒸留方式:常圧

アルコール度数:25度

容量:720ml、1800ml