麦焼酎/長崎県・壱岐の華

いきのはな

壹岐の華

麦焼酎 壹岐の華

飲み方を問わないバランスの良さコスパ本格麦焼酎

創業は1900(明治33)年、福岡県小倉で藍染め屋をしていた長田嘉助が、藍染めに適した水を求め単身玄界灘を渡り壱岐へとむかった。そこで島に古くから伝わる麦焼酎に出会い、焼酎造りに取り組んだのが始まり。それから100年余り、年間生産2,000石の焼酎蔵は、ライトですっきりした軽快な味わいの減圧蒸留が多いなか、常圧蒸留にこだわった焼酎造りを続けている。

大麦の香ばしさと米麹の風味を活かすため、常圧蒸留にはこだわるが、懐古主義的な酒造りだけに固執しているわけではない。2000(平成12)年には、壱岐で最初、全国でも4台目となる最新式のコンピューターを搭載した全自動製麹機を導入。50以上にも上る麹の製造工程を細分化し伝統の技術をプログラミングすることによって、高品質で安定した麹造りができるようになった。

『壹岐の華』は、「芳醇薫麗」を追及し続けた当蔵の代表銘柄。常圧蒸留と熟成により、米麹の甘味と大麦の香りが存分に楽しめる。風味のバランスがよく、お湯割り、ストレート、ロックとどんな飲み方でも、甘味、香ばしさ、旨み、苦味といったさまざまな味の要素を決して損なわれない。とくに、お湯割りにしても水っぽくならないのは、骨格がしっかりとした焼酎である証拠。コスパの面でも優れているので、デイリー焼酎としてオススメ。

 

data

製造元:株式会社壹岐の華

住所:長崎県壱岐市芦部町諸吉二亦触1664-1

TEL:0920-45-0041

URLhttp://ikinohana.co.jp/ (直接注文可)

創業年:1900(明治33)年

原料:大麦、米麹(白)

蒸留方式:常圧蒸留

アルコール度数:25%

容量:1800㎖

 

焼酎通販/楽天

 

焼酎通販/Amazon

 

※指定以外の商品も表示されます、御注意下さい。