麦焼酎/大分県・二階堂酒造

おおいたむぎしょうちゅうにかいどう

大分むぎ焼酎二階堂

大分むぎ焼酎二階堂

ブームの火付け役となった万能型麦焼酎

創業は1866(慶応2)年、屋号を喜和屋といった。銘酒と呼ばれた「麻地酒※」(あさじざけ)の製法を受け継いできた老舗の酒蔵。しかし、1943(昭和18)年には、第二次世界対戦下の食料不足による影響で休業を余儀なくされてしまう。営業を再開することができたのは1949(昭和24)年、焼酎製造の酒蔵として復活する。1964(昭和39)年には現在の二階堂酒造有限会社に組織変更、現社長・二階堂雅士氏で七代目となる。二階堂酒造のある大分県曰出町(ひじまち)は、黒東半島(くにさきはんとう)の南端部、大分市から別府湾沿いに約25㎞北上したところに位置する。

古来より二階堂酒造では、天然醸造を行ってきたが、長期間の貯蔵に耐えられず味わいが損なわれ、また腐敗しやすいため研究を重ねた末、醪の上清み(うわずみ)を蒸留することにより焼酎製造に成功。さらに、原料を健康によい麦とすることで『大分むぎ焼酎 二階堂』は完成する。二階堂酒造では他から杜氏を招くことはせず、跡継ぎとなる社長が杜氏となり製法を受け継ぐため、酒造りの肝心要の部分は門外不出となっている。

二階堂酒造では、その後さらに研鑽を重ね、1973(昭和48)年には米麹を使わない麦100%の麦焼酎を開発、翌年に発売すると全国的なヒットとなり麦焼酎ブームの火付け役となった。

『大分むぎ焼酎 二階堂』の原料には高品質のはだか麦が使われる。これを蒸し上げ、その一部で麦麹を造り一次、二次発酵を繰り返し、ここで専用タンクにより熟成される。この熟成により味わいがより上質になるといわれる。そして減圧蒸留器により蒸留、濾過、割り水をすることで『大分むぎ焼酎 二階堂』の旨さとなる。

年々高まる需要に応えるため、近年最新設備の製造工場を開設したが、厳選素材を贅沢に使い変わらぬ味わいを造り続けている。お湯割り、水割り、ロックと、どんな飲み方でもok万能型麦焼酎。芳醇な香りとまろやかな舌触りが幅広い人気を得ている。

▶「麻地酒」とは?

蒸し米、米麹、水を甕などで仕込み、密封して土中に埋め、翌年の土用頃まで熟成させて造られた甘美な濁り酒。日出藩では、暘谷城(ようこくじょう)の二の丸に麻地酒を造り貯蔵して、幕府への献上品としていたといわれるほど珍重された。埋めた甕を草茅などで覆っていたことから「浅茅酒」または「土かぶり」とも呼ばれている。 いわれとして、寛文年間(1661~1673年)にこの地の古刹・康徳山の松屋寺の小僧が、寺に貯蔵されていた甘酒を盗み飲みして、後日のためにと壺に入れ麻の畑に埋めておいたところ極上の美酒に一変してしまった。やがてこの製法を用いた酒は日出藩で造られるようになり、明治の到来まで将軍への献上品として尊ばれたといわれる。

▶「はだか麦」とは?

大麦の一種で、脱穀すると簡単に穎(エイ:殻粒を包んでいる皮)が取れやすいことから「はだか麦」と呼ばれる。主に東海近畿以西で栽培され、特に瀬戸内沿岸で収穫されるものが高品質とされている。

data

製造元:二階堂酒造有限会社

住所:大分県速見郡日出町2849

TEL:0977-72-2324

URLhttp://www.nikaido-shuzo.co.jp/ (直接注文不可)

創業年:1866(慶応2)年

原料:はたか麦、はだか麦麹(白)

蒸留方式:減圧

アルコール度数:25%

容量:900ml、1,800ml