麦焼酎/大分県・老松酒造

えんま たる あまらべる

閻魔(樽)赤ラベル

麦焼酎 閻魔(樽)赤ラベル

冥界の王の名を冠したオーク樽熟成の麦焼酎

老松酒造(株)の創業は1789(寛政元)年、焼酎を造る蔵の多くがそうであるように、老松酒造ももともとは清酒蔵であった。蔵のある日田市(ひたし)は、大分県の北西部に位置し人口は64,000人ほどで、周囲を山々に囲まれた典型的な盆地で多くの河川が流れ込み「水郷」を形成している。かつての天領(=江戸幕府の直轄地の俗称。他の大名に比較して年貢率が低かった)でもあった土地で、九州の小京都といわれるほど独自の文化や産業が育成され、酒造りもその頃から盛んに行われていた。

1952(昭和27)年の法人設立の際には「森山酒造(合)」といったが、1974(昭和49)年には「老松酒造㈱」と社名変更、「老松酒造(株)」とした。「老松」とはこの地方にある、松の老木が植えられた老松神社の泉から涌き出る清水を使い、初代が酒造りを始めたといういわれにちなんだ。現在は、大分県と福岡県堺にある霊峰・英彦山の伏流水を仕込み水に使いっている。

今も日本酒と焼酎、ともに力を入れているが特に評価が高いのが麦焼酎『閻魔』シリーズ。仕込みや蒸留方法、貯蔵の違いから5種類あるが、そのメインとなるのが本品『閻魔(樽)赤ラベル』、通称『赤閻魔』。

厳選された二条大麦を原料に、麹にも麦麹を使い発酵、そして減圧蒸留の原酒を80%、常圧蒸留を20%の比率でブレンドし、オーク樽により3年間長期貯蔵したほんのり琥珀色の麦焼酎。サッパリとして飲みやすく、樽貯蔵独特のスモーキーなフレーヴァーも感じられる。まろやかな味わいで、淡い余韻が後を引く。ロックでもお湯割りでもOK。

・2010~2017年 モンドセレクション8年連続最高金賞受賞

 

data

製造元:老松酒造株式会社

住所:大分県日田市大鶴町2912

TEL:0973-28-2116

URLhttp://www.oimatsu.com/index.html (直接注文不可)

創業年:1789(寛政元)年 法人設立は昭和27年

原料:大麦、麦麹(白)

蒸留方式:常圧、減圧

アルコール度数:25%

容量:720ml、1,800ml