麦焼酎/鹿児島県・西酒造

ひとつぶのむぎ

一粒の麦

麦焼酎 一粒の麦

芋で名高い老舗蔵が造る濃厚でやわらかなコクと旨味の麦焼酎

創業は1845(弘化2)年というから、12代将軍・徳川家慶公の時代。蔵は鹿児島県の薩摩半島西海岸のほぼ中央、東シナ海に面した人口約1万の吹上町にある。東シナ海に面した吹上町には「日本三大砂丘」の一つ吹上浜があり、毎年5月から7月にかけ50頭近くのウミガメが産卵に訪れる自然豊かな地である。

蔵の代表的な銘柄は、芋焼酎「富乃宝山」。この銘柄が誕生したきっかけは、現社長の西陽一郎史が東京農大の醸造科学科時代、ある清酒蔵の子息に「清酒の味わいは色々あるが、焼酎はどれも同じに感じる」と言われたことから。その悔しさを忘れることなく、卒業後、蔵に戻ると新しい味わい芋焼酎の開発に取り組み始めたことからだった。歴史を引き継ぎながら発展させ、原材料を栽培する農業から始まる焼酎造りにも取り組んでいる。焼酎蔵としては珍しい米蔵を併設して、一年間使用する麹米を籾のまま貯蔵し、必要な分だけその都度精米して使用している。

『一粒の麦』は、芋焼酎造りで培った伝統と技術を注ぎ込み、国産大麦と大麦麹を用いて丁寧に仕込み、間接常圧蒸留という独自の蒸留法で、麦の旨味や香りを濃く引き出した麦焼酎の逸品。芋に比べても遜色のない濃厚でやわらかなコクと旨味、「麦」の持つ本来の風味が損なわれず、口にするとまるみを帯びた味わいが広がる。上品で軽快な香りと味わいは、飲みごたえ十分。ロック、水割り、お湯割りでも、飲み方しだいで様々な味わいが楽しめる。

▶「一粒の麦」という銘柄の由来?

「一粒の麦」という銘柄の由来は、「ただ一粒の麦なれど、大地にて芽を吹き沢山の豊穣をもたらせり(聖書の言葉で人のために自分の身を犠牲にする人の例え)」という聖書の言葉から。

 

data

製造元:西酒造株式会社

住所:鹿児島県日置市吹上町与倉4970-17

TEL:099-296-4627

URLhttps://www.nishi-shuzo.co.jp/ (直接注文不可)

創業年:1845(弘化2)年

原料:大麦、麦麹(白)

蒸留方式:間接蒸留

アルコール度数:25%

容量:間接蒸留

 

焼酎通販/楽天

 

焼酎通販/Amazon

 

※指定以外の商品も表示されます、御注意下さい。

 

 

 

 

  • その他のラインナップ

富乃宝山〔芋焼酎〕

創業は1845(弘化2)年、芋焼酎『富乃宝山』を造る西酒造(株)は、鹿児島県の薩摩半島西海岸のほぼ中央、 東シナ海に面した人口約1万の吹上町にある。吹上町には「日本三大砂……