麦焼酎/鹿児島県・薩摩酒造

かんのこ

神の河

麦焼酎 神の河

樽熟成がもたらすまろやかな味わいの琥珀色をした麦焼酎

1936(昭和11)年、薩摩合同酒精株式会社として薩摩半島の南端に位置する、鹿児島県・枕崎市にて創業。薩摩酒造の名を全国に知らしめたのは、代表銘柄である芋焼酎「さつま白波」。1970年代後半から始まったCMから。「6×4(ロクヨン)のお湯割り」「酔い醒めさわやか」といったキャッチコピーにより、それまで地元だけの飲み方だった”お湯割り”が、全国に知られるようになり、1980年代に始まる“焼酎ブーム”の引き金ともなった。

南薩摩地方はさつまいもの名産地で、工場はすべてさつまいも畑に囲まれており収穫後、すぐに仕込みに入ることができ、シラス台地により良質な地下水が湧き出すという、芋焼酎造りにはこの上ない環境を有している。 本格焼酎の他にも、清涼飲料や芋を使った発泡酒なども手掛け、鹿児島県有数の総合飲料メーカーとして知られる薩摩酒造。芋焼酎の他にも、麦焼酎や米焼酎、そば焼酎なども造り、高い評価を得ている。

『神の河(かんのこ)』は、麦100%の原酒をホワイトオーク樽で3年以上貯蔵した、琥珀色をした長期熟成の麦焼酎。まろやかで深みのある味わいながら、クセがなく、ほんのりと感じる樽香が心地よいなめらかな飲み口が特徴。銘柄名は、蔵の郊外にある神が宿る水を意味する“神の河”と呼ばれる名水がその由来。香りを楽しむのならお湯割り、さっぱりと飲みたいのなら水割りやソーダ割りがオススメ。

 

data

製造元:薩摩酒造株式会社

住所:鹿児島県枕崎市立神本町26

TEL:0993-72-1231

URLhttps://www.satsuma.co.jp/ (オンラインショップ有)

創業年:1936(昭和11)年

原料:大麦、大麦麹(白)

蒸留方式:常圧

アルコール度数:25%

容量:300ml、720ml

 

 

 

 

  • その他のラインナップ

さつま白波〔芋焼酎〕

1936(昭和11)年に、薩摩合同酒精株式会社として薩摩半島の南端に位置する、鹿児島県・枕1崎市にて創業。当初は、「薩摩乙女」という銘柄を主力に生産していたが、1949(昭和2……

千年寝坊助/画像小

白鯨〔米焼酎〕

1936(昭和11)年に、薩摩合同酒精株式会社として薩摩半島の南端に位置する鹿児島県・枕崎市にて創業。南薩摩は古くから、海外文化が渡来した地として知られ、芋焼酎の原料と……