麦焼酎/宮崎県・佐藤焼酎製造場

てんのこくいん

天の刻印

麦焼酎 天の刻印

「自創自園」の理念から生まれた洗練された味わいの麦焼酎

1905(明治38)年、宮崎県北部の延岡市街を流れる清流祝子川のほとりで、もともと自家用の焼酎を造っていたが、免許鑑札制になったのを機に免許を取得し創業。当時の代表銘柄は「鹿印」。2007(平成19)年に、同じ清流祝子川のほとりに移転。現在、延岡市内で唯一残る焼酎蔵である。

仕込み水にはもちろん祝子川水系の伏流水を使う。「自創自園」の考え方から、地元JA延岡が運営して生産農家が作る「きらり部会」から芋、麦、米、栗などの原料を仕入れ麹を造り、昔ながらの甕仕込みを行っている。蒸留は伝統的な常圧方式と、ソフトな飲み口の減圧方式の両方の原酒を造り、それぞれの良さを活かしたり、ブレンドしたりして製品を仕上げている。佐藤焼酎製造場では見学施設も充実していて、製造の全工程がガラス窓越しに見ることが出来る。

『天の刻印』は、「食中酒を造る」という佐藤焼酎製造の場基本理念の一つが結実した銘柄。麦の風味を生かした丹念な造りで、減圧蒸留らしくキレが良く香味もきれいで、しっかりしたコシもある上品で飲み飽きない麦焼酎。オススメの飲み方はロック、お湯割りで、どんな料理にも合わせやすい。

 

data

製造元:佐藤焼酎製造場(株)

住所:宮崎県延岡市祝子町2388-1

TEL:0982-33-2811

URLhttp://www.sss-sato.jp/(直接注文不可、見学可:一カ月前まで予約が必要。100名まで対応可)

創業年:1905(明治38)年

原料:二条小麦(ニシノホシ)、麦麹(白)

蒸留方式:減圧

アルコール度数:25%

容量:720ml、1800ml