麦焼酎/大分県・八鹿酒造

ぎんざのすずめこはく

銀座のすずめ琥珀

銀座のすずめ琥珀

清酒の老舗蔵が造る洋風スタイルにこだわった麦焼酎

創業は幕末1864(元治元)年で、舟来屋(ふなこや)として創業。当時の九重の地は水利が悪く、村人を救うため灌漑工事に私財を投じるが、資金が底をつきてしまい一時は酒造権を手放すことになる。その後、1885(明治18)年に、三代目当主である麻生観八氏が酒造免許を取得して舟来屋を再興し、「龍門」という銘柄で日本酒造りを再開する。後に、観八と杜氏の仲摩鹿太郎氏の名からそれぞれ1字ずつを取って銘柄を「八鹿」と改め、1949(昭和24)年には有限会社麻生酒造場、さらに1967(昭和42)年には、八鹿酒造株式会社に組織を変更する。

この間、八鹿酒造は大分を代表する清酒蔵として成長するが、1980(昭和55)年には、大分県名産のかぼすを使ったリキュール「かぼすリキュール」を発売する。さらに、本格焼酎ブーム到来の兆しが見え始めた頃から、麦焼酎造りにも着手。口当たりの良さが好評だった「むぎっ娘」は日常酒として評価を得たが、続いて発売されたのが洋風のスタイルにこだわった1998(平成10)年発売の「銀座のすずめ」だった。

「銀座のすずめ」とは、かつて銀座の街を時を忘れて友人らと粋に酔いかつ語らい、夜を明かした粋人を”すずめ”になぞらえて命名したもの。銀座の店に置かれても恥ずかしくない焼酎を造りたい、舌の肥えた銀座の人々に飲んでもらいたいという思いが込められている。厳選された大麦と大麦麹、仕込み水には、“九州の屋根”と呼ばれる九重連山の伏流水を使い、清酒蔵ならではの技術と製法で丁寧に造られている。

『銀座のすずめ 琥珀』は、さらに「銀座のすずめ」の原酒を米国ケンタッキーから取り寄せたバーボンの樫樽でじっくりと熟成させたもの。貯蔵は、廃線となった電車のトンネルを改造した貯蔵庫で、温度17〜19度、湿度70%という理想的な環境下で熟成された琥珀色をした麦焼酎で、スモーキーな風味が特徴。まろやかでとろみのある舌触りで、まずはロックか水割りで楽しんでもらいたい。

 

data

製造元:八鹿酒造株式会社

住所:大分県玖珠郡九重町大字右田3364

TEL:0973-76-2888

URLhttp://www.yatsushika.com/ (オンラインショップ有)

創業年:1864(元治元)年

原料:大麦、麦麹(白)

蒸留方式:減圧

アルコール度数:25%

容量:720ml、1800ml

 

 

 

 

  • その他のラインナップ

芋焼酎 さつま木挽

さつま木挽〔芋焼酎〕

日本初のそば焼酎で名を知られた「雲海酒造」は、宮崎県内外に7つの蔵を持ち麦、米、芋などの焼酎もつくっている。その蔵元が、鹿児島県の出水蔵で新たに醸した芋焼酎が「さつ……

そば雲海〔そば焼酎〕

創業は1967(昭和42)年、 五ヶ瀬酒造有限会社として宮崎県五ヶ瀬町に設立。創業当時、周辺の西臼杵地区だけで約20弱の酒蔵があり、粟や稗などの雑穀を使った焼酎が一般的だっ……