ウオッカ/スウェーデン

Absolut Vodka

アブソルート ウオッカ

アブソルート ウオッカ

伝統製法で造られる究極のプレミアム・ウオッカ

15世紀に始まったスウェーデンのウオッカの歴史を受け継ぎ、1879年に南スウェーデンのオフスの蒸留所で、ラーズ・オルソン・スミスにより誕生する。

スミスの功績は、1877年に製造段階で発生するフーゼル・アルコール(フーゼル油を含んだアルコール。スピリッツの旨みの元となっている反面、含有量が多いと臭みや白濁が生じる。以前は二日酔いの原因物質ではないかとも考えられていた。)を分離する技術を開発したこと。

その2年後に「ブレンヴィン」(スウェーデン語で”燃えるワイン”という意味)というブランドで販売を開始した。「ブレンヴィン」は、国内販売だけでなく、隣国デンマーク、ノルウェー、フィンランド等の国々でも販売されるようになり、ウオッカとしてのブランドを確立する。

1917年には、国営酒類製造販売企業V&S社(ヴィン&スピリト社)が設立されブランド名も、「アブソルート・レント・ブレンヴィン」と変更される。「アブソルート(Absolut)」とは「絶対的」とか「完全無欠」、「究極に純粋な」といった意味。これ以降、スウェーデンにおける酒類の製造販売は国営でおこなわれることとなる。

1979年に、ストックホルムの骨董品店で売られていた、18世紀の薬瓶を原型とする独特のボトルに変更しニューヨーク進出を果たした。広告代理店であるTBWAによる強力なキャンペーンもあり、『アブソルート ウオッカ』は空前の人気を得ることになった。1985年にはアメリカで輸入ウオッカ№1を記録。現在の売り上げは、バカルディ、スミノフに次いで世界第3位となっている。2008年には、ペルノ・リカール社が買収に成功し、現在は同社が製造・販売を担っている。

『アブソルート ウオッカ』は、スウェーデン南部産の良質な小麦だけを使い、すべてをオフスで一元製造・一元管理のもと、400年来の伝統製法で造られる。連続式蒸留法によって一切の不純物を濾過した、リッチでなめらかな味わいと芳醇なフルボディ・テイストが特長。

穀物を思わせるリッチで複雑な香味の中に、ほのかにドライフルーツの香りが漂う。時代のニーズに合わせ、レモンやライムの香りのシトロンや、カシスが香るカラント、スパイシーなペッパーなど種類も豊富である。

 

data

生産者: ペルノ・リカール社

URLhttp://www.pernod-ricard-japan.com/brands/domestic/spirits/absolut/ (ペルノ・リカール・ジャパン(株)公式HP)

創業年:1879年

原料:小麦

アルコール度数:40%

容量:750ml

 

焼酎通販/楽天

 

焼酎通販/Amazon

 

※指定以外の商品も表示されます、御注意下さい。