ジャパニーズウイスキーのこと

世界五大ウイスキーの一角

明治維新の後、初めは日本に住む外国人のために輸入されていましたが、次第に日本人の間にも広がり始めます。すると見よう見まねで国産ウイスキーを造る者もいましたが、粗悪品が多く、輸入品にとてもかなう代物ではありません。

本格的な国産ウイスキーを造るべく乗り出したのが、サントリーの前身である寿屋の創業者、鳥井信治郎でした。

1879(明治12)年、両替商の子として生まれた鳥井は、13歳で薬酒問屋に奉公に出されます。折しも文明開化の機運が高まるなか、奉公先はワインやブランデー、ウイスキーなどを取り扱っており、物珍しさも手伝い、鳥井少年は水を吸い込むように洋酒に関する知識を得てゆきました。

そして鳥井は弱冠20歳で独立、鳥井商店を開業しワインなどを扱いますが、庶民にはまだまだ馴染めず決して順風満帆なスタートとはいえませんでした。しかし鳥井の研鑽は続き、1907年(明治40)に発売した『赤玉ポート・ワイン』のヒットにより、一躍洋酒メーカーとして注目を浴びるようになったのです。

事業は軌道に乗り始め、これを機に社名も寿屋洋酒店に改めました。全てが順調にいきはじめたそんな折、鳥井はリキュール用にとスピリッツをワイン樽に詰めたものを試しに飲んでみたところ、風味がまるで変わっていることに愕くのです。樽による熟成というものの奥深さに魅了され、“本格的なウイスキーを日本でも造れないものか”という思いが、次第に鳥井の胸の内にたかまってゆきます。

しかし当時の寿屋には、蒸留所建設に必要な資金も技術も不足しており、ましてや本格的ウイスキーのとなれば長期の熟成期間が必要となり、事業という観点からすればリスクが大き過ぎました。『スコットランドやアイルランドでなければ本格的なウイスキーは出来ない』、というのが当時の常識であり、鳥井の周囲の人々も社員にいたるまでこの冒険には当然反対です。

ところがここで、サントリーが今に至るまで脈々と受け継がれる企業精神(スピリッツ)、『やってみなはれ』が発揮されるのです。「やってみんことにはわかりまへん」と、鳥井は周囲の反対を押し切り、国産ウイスキーの開発を決定したのです。

 

 

 

一本の万年筆で英国のウイスキーの秘密を盗んだ男

鳥井信治郎が国産ウイスキー造りに意欲をみなぎらせ始めた頃、一人の男がスコットランド留学から帰国し、失意の底に沈んでいました。後のニッカ・ウヰスキーの創業者・竹鶴政孝です。竹鶴が持ち帰ったノートには、本場スコットランドで学んだウイスキー造りのすべてが、イラスト入りで詳細に書き込まれてました。

竹鶴は造り酒屋に生まれ、醸造学を学んだ後、入社した「摂津酒造」から「本格ウイスキー造りを学んでくるよう」要請され、スコットランドへ留学をしていたのです。しかし彼を待っていたのは、第一次世界大戦後の深刻な不況でした。活躍の場を失った竹鶴と、国産のウイスキー造りに意欲をみなぎらせる鳥井が結びつくのは当然だったかもしれません。鳥井は竹鶴政孝を寿屋に入社させ、大阪府山崎に1923年(大正12)に、第一号の蒸留所を開設しました。

竹鶴は10年の契約期間を終了した後寿屋を退職し、1934年(昭和9)に北海道余市に理想のウイスキーを造るべく、現在のニッカウヰスキーの前身、大日本果汁株式会社を設立します。竹鶴がこの地を選んだのは、ウイスキー造りを学んだスコットランドの気候に非常によく似ていたからです。『良いウイスキーは自然が造る』が竹鶴の持論であり信念でありました。

余市のウイスキー造りは、竹鶴が持ち帰ったノートから始まり、現在でも石炭蒸留方式など当時のままの製法が引き継がれています。ちなみに、後の『ニッカウヰスキー』という社名は、大日本果汁の「日」と「果」からつけられたものです。日本においてウイスキーが産業として隆盛をみせるには、第二次大戦の終結を待たなければなりません。戦後の高度経済成長は、あらゆる市場を拡大し、ウイスキーも例外ではありませんでした。スナックでボトルキープすることが、次第に飲酒におけるひとつのスタイルとなり、「水割り」という日本独自の飲み方がサラリーマンを中心に定着、洋酒=ウイスキーという時代が長く続きました。しかし、高度経済成長を経て国民の嗜好の多様化が進み、若者のウイスキー離れなどもあって市場は次第に縮小するようになってゆきます。

1989年(平成元)、酒税法の大幅な改正が行われ、ウイスキーの価格は下がりました。これを機に、ウイスキーの持っていた高級感は薄れて、メーカーも本物志向のブレンデッドウイスキーへと本格的に力を注ぎ始めます。サントリーのシングルモルト「山崎」「白州」、ニッカウヰスキーの「余市」が国際的にも高い評価を受け、本場のスコッチ・ウイスキーと互角の品質を誇るほどになっていったのです。

ウイスキー批評家の第一人者、故・マイケル・ジャクソン氏は日本のウイスキーを評し「カリフォルニア・ワインのよう」といった賛辞を贈ったといいます。なぜカルフォルニア・ワインなのでしょうか。

1976年、フランスで行われた目隠しによるワインのテイスティング大会において、カルフォルニア・ワインはフランスをおさえ世界一の座に輝いています。フランスはそれから10年後、そして30年後の2006年にも同じティスティング勝負において再びカリフォルニアに敗れているのです。ジャクソン氏はそのことを指して語ったのです。今や世界のウイスキー5大産地に数えられている日本は、最早ウイスキーに関しては先進国といえます。

 

 

 

ジャパニーズ・ウイスキーの大きな可能性「ミズナラ」

ウイスキーは熟成という膨大な時間が造るひとつの芸術品といえます。よって、熟成に使われる樽材がウイスキーの仕上がりに、大きく影響を及ぼすのは当然のことです。現在は、北米産のホワイトオークや、ヨーロッパ産のコモンオークが主流ですが、それとは別に日本独自の樽材が存在します。それが「ミズナラ」です。

第二次世界大戦当時、輸入していた樽材が入手困難になり、急遽別の木材を探さなければならなくなりました。そこで緊急避難的に使われたのが、北海道を主産地とするミズナラの木でした。ところが、大いなる期待を寄せて樽材に加工しウイスキーを詰めたところ、ミズナラにはチローズという樹脂が不足していたため、折角の原酒が漏れてしまうのです。それでも何とか加工を施し、再びウイスキーを入れてみると、今度は溶け出す風味のクセが強すぎて、泥臭くとても商品として出せるものではありませんでした。全くの失敗と、ウイスキーが詰められたミズナラ樽は、蔵の片隅で放って置かれることとなったのです。

ところが数年後、誰もが忘れ去ったまま放置されたその原酒を、ブレンダーがたまたまテイスティングしてみたところ、それは今まで味わったことのない魅惑的な香りのウイスキーになっていたのです。ブレンダーたちはその香りを、伽羅や白檀、森や杉にたとえ、繊細で奥ゆかしいその香りに驚き、そして新しい可能性を見出したのです。

実はミズナラの樽に寝かされたウイスキーがピークを迎えるのは30~40年かかり、今までの常識でははかり知れないことが分かったのです。そしてこの原酒をモティーフにして、造られたのがあのサントリーの「響」でした。ミズナラは再び樽材として使われ始めていますが、独創的なジャパニーズ・ウイスキーを生み出す可能性を、大いに秘めているといえます。