シングルモルト/北ハイランド

Glenmorangie

グレンモーレンジィ オリジナル

スコッチウイスキー グレンモーレンジィ オリジナル

スコッチの母国で圧倒的人気を誇るシングルモルト

インヴァネスから北へ向かった海岸沿い、ロス州のドーノック湾の南岸のテインという町のはずれにグレンモーレンジィ蒸留所はある。1843年、バルブレア蒸留所の共同経営者・ウィリアム・マセソンが、古いビール工場を改造して創業した。

テインは、スコットランドではもっとも古い町のひとつで、1066年に「ロイヤルバラ」として、自治権も与えられている。「グレンモーレンジィ」とは、ゲール語で「大いなる静寂の渓谷」という意味だというが、本当のところはわかっていない。

グレンモーレンジィを起こしたのは、宣伝コピーにもなっている「テインの16人の男たち」で、ラベルにも「PERFECTED THE SIXTEEN MEN OF TAIN」と記されている。

グレンモーレンジィには、ウイスキー造りの常識にとらわれない、いくつか特徴がある。

一つ目は、スコットランドで最も背の高いポットスチル。その起源は創業当時、規模も小さく資金が十分ではなかったため、ポットスチルも当初は中古のものが2基しかなかったことによる。しかもそのスチルは、ジンの蒸留に使われていたもので、煙突のように首が異様に長い形をしていた。

しかし、そのことが思わぬ結果を生み、グレンモーレンジィは予想外の好評を博すことになる。その後、経営が軌道に乗りスチルを新調するときも、オリジナルと寸分たがわぬものを作り、その高さは5.14mにもなるという。

二つ目の特徴としては仕込水がある。石灰岩と砂岩層を通り抜けたミネラル豊富な、ターロギーの泉から湧き出る硬度190の、ミネラルを多く含んだ硬水を使用している。最近はその近くにある、同じ硬度のケルビーの泉の水も使うようになっているが、これらの水が、グレンモーレンジィにフルーティな風味を与えている。グレンモーレンジィ蒸留所では、この水源を確保するために、周辺の広大な土地を保有するほどのこだわりようである。

さらに三つ目の特徴としては、熟成がある。グレンモーレンジィは「樽のパイオニア」としてもその名を知られている。

シェリーやポート、マデイラなどのワイン樽に詰め替え後熟を施す、“ウッドフィニッシュ”という技法をマーケットに投入したのはグレンモーレンジィが初めて。さらにバーボン樽にもこだわり、アメリカのミズーリ州のホワイトオークの原木を買い付けることを始めたのもグレンモーレンジィが初めてで、現在はケンタッキーのブルーグラスクーパレッジ(クーパレッジ:樽だけでなくウォッシュバックなどの製造・修理を行う作業所のこと)で製樽を行っている。

現在では「デザイナーカスク」と呼ばれているが、当初の12ヶ月の天日乾燥から、現在は24ヶ月行い、内側を独自のトースティング処理で焦がし、グレンモーレンジオリジナルの樽に仕上げている。

『グレンモーレンジィ オリジナル』は、「グレンモーレンジィ10年」から切り替わった現在のレギュラーボトル。表記によっては、「グレンモーレンジィ オリジナル10年」としている場合もあるのでご注意を。

バーボン樽で10年熟成させたもので、これが出来上がった後に、さらにシェリーやポート、マデイラなどのワイン樽に詰め替え追加熟成(ウッドフィニッシュ)させたのが「キンタ・ルバン」「ラサンタ」「ネクター・ドール」といった3つのグレンモーレンジィとなります。

ハチミツ、バニラの甘い香りにシトラスやミントの爽やかな香り、スイートでスムーズ、なめらかでバンスに優れた味わい。後口はドライでキレがよく、心地よい余韻が長く続く。ウイスキー通といわれる方でも初心者でも、安心してオススメできる逸品。もちろんギフトにも。

 

data

所有者:グレンモーレンジィ社

所在地:Tain,Ross-Shire

URLhttps://www.mhdkk.com/brands/glenmorangie/

創業年:1843年

蒸留器:ボール型(スワンネック)

アルコール度数:40.0度

容量: 700ml