イタリア/ピエモンテ州/白

La Spinetta Mosucato D'Asti Bricco-Quaglia

ラ・スピネッタ モスカート・ダスティ・ブリッコ・クワリア

ラ・スピネッタ モスカート・ダスティ・ブリッコ・クワリア

やさしい甘さのフリッツァンテは女子会の乾杯向き

ちょっとしたパーティや女子会にうってつけのスパークリング。心地よい泡と、青りんごのさわやかな香りが広がる。キリリと冷やして乾杯したい。造っているのはイタリア北部アルプス山麓丘陵地帯トレンティーノの巨大な生産者協同組合。ワイナリー設立は1977年。2600haとい手となるが、微発泡性はガス圧が低いためグラスに注ぐとかすかに泡立つ程度。それでも細かい泡は絶え間なくグラスの中に踊り、軽やかで口当たりがいい。

モスカート(マスカット)の豊かな香りが広がる。甘口といってもくどくなく、まるで和三盆を口にしたような優しい味わいと、あとに残る爽快感は日本人好みかもしれない。アルコール度も4.5%で、お酒に弱い女性や、スパークリングの炭酸はちょっときつく感じる人にはぴったり。キリッと冷やして食前酒や、食後のおしゃべりタイムにはもってこいで、コスパも含めると女子会向きといえる。ちなみに「ブリッコ・クワリア」とは、「ウズラの岩山」という意味の単一畑の名前とのこという。

微発泡性ワイン

シャンパンやスパークリングなどと同じく発泡性ワインだが、微発泡性ワインはガス圧が低い。瓶内二次発酵やタンク内での二次発酵を行わず、通常の発酵時に生じた炭酸ガスをそのまま瓶詰めしているので、口当たりがやわらかい。イタリアではフリッツァンテ、スペインではエスプモーソ、ドイツではペルルヴァイン、フランスではペティヤン(ヴァン・ペディヤン:vin petillant)という。

 

data

生産者:ラ・スピネッタ

生産地:イタリア>ピエモンテ州

使用品種:モスカート・ビアンコ

アルコール度数:4.5%

 

ワイン通販/楽天

 

ワイン通販/Amazon

 

※指定以外の商品も表示されます、御注意下さい。